BLOGラージストブログ

記事一覧:施工事例

  • 2017.12.25

    雨漏り修繕

     IMG_4419

     

     

    雨漏りの修繕です。

    大雨時に店内は壁も天井も濡れていないのに

    床のみ水が溜まるようで

    恐らく原因はサッシの足元から

    漏水の可能性があるということで

    簡易防水による補修工事を行いました。

     

    IMG_4421

     

     

    プライマーを下塗りして

    中塗り

     

     

    IMG_4420

     

     

    今年は台風や大雨の影響で

    雨漏りの調査や修繕の依頼が

    多くありました。

     

    そのほとんどが普段は漏らない

    もしくは今回初めて漏ったという声が

    非常に多かったです。 

     

    台風による暴風時などは風の巻き込みにより

    下から上に向いて雨が吹き込むことがあります。

     

    建物の構造上、下から上に向いて水が入ることは

    部位にもよりますが基本的に

    想定されて作られていませんので

    台風時には思いもよらない場所から

    雨漏りすることがあります。

     

     

    IMG_4464

     

     

    一度でも雨漏りすれば原因究明のため

    調査は必要であると思われます。

     

    単発的で今後も可能性が低いようであれば

    問題ないですが

    少量であっても継続的なものであれば

    壁天井内部の木材や鉄骨などに

    悪影響を及ぼします。

     

     

    IMG_4465

     

     

    建物は外からの水分には強くても

    内部の水分には弱く

    一度入ってしまうと耐久性も落ちてしまうため

    気になるようでしたら

    早め早めの対応が必要です。

     

                  大西

     

     

  • 2017.11.02

    フランスの伝統色

    塗装業に携わっていると、

    色という色、たくさんの色を

    目にする機会が多いです。

     

    色を調合して作り出すことも多いですが

    作り出す色は、味わい深い色になることも

    多いと感じます。

     

    昨日書いた 柱の色で

    友人の選んだ色は ¨ナーシス¨ ~水仙の色~ ↓

     

    IMG_4146

     

    ひとつひとつに色名・解説がついてます。

    これを読んでるだけでも、

    その情景が目に浮かぶようで

    楽しめます。

     

    IMG_4156

     

    これは色見本ですが

    印刷によって出せている色なので

    厳密にいえば作った塗料の色は

    選んだ色に近い色。。ということになるようです。

     

    ですが、色って

    言葉では説明しづらく

    イメージする色を表現するのも難しいです。

     

    色見本を見ていると

    自分の想像以上の色に出会うこともありそうです。

     

    IMG_4144

     

    うちの娘も楽しそうに この色がいいなー と、

    三色選んでいました。

    いつか部屋に塗装してあげよう。

     

    IMG_4145 

     

    ブルー・アジュール

    ~海や空の色~ かぁ。。うーん、素敵。

     

    IMG_4149

     

    同じ青でも、こんなに。。

     

    IMG_4150

     

     

     

    IMG_4153

     

     

    今の私の選ぶ色はこれ・・  ↓

     

    IMG_4154

     

    地味・・だけど、

    こんな配色のストールあったら

    欲しい・・

     

    IMG_4155

     

    これも、ブルーなんだ。

    選んだ色の解説まで、好みです。

     

    IMG_4148

     

    このシルバーもいい。

     

    IMG_4147

     

    あなたは、どの色がお好みですか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2016.12.01

    クリスタコート

    外壁のコーティング塗料の紹介です

     

    img_2371

     

        ↑ 

     塗り板に白で塗装し

     その上から 外壁のコーティング塗料

     'クリスタコート' を塗装しています

     

    途中で境目があるのですが 

    見た目には ほとんどわかりません

     

    クリスタコートを塗装した板に

    汚れに見立てた真っ黒の水をかけます

     

     

    img_2373

     

    クリスタコートを塗ったところと

    塗ってないところがはっきりと分かれました

     

    上の部分が 白塗装+クリスタコート

    下の部分が 白塗装のみです

     

    クリスタコートを塗ったところは

    親水作用により水がなじんで 何もなかったように見えます。

    実際はかなり黒く染めた水をかけましたので

    多少黒っぽくなっちゃいましたが(・.・;)

     

    下の白塗装のみの部分は

    水を弾いてはいますが 流れきらない水が

    弾のように残っています

    これが汚れの原因です。

     

    このまま水分のみが乾いたあとに

    汚れだけがそのまま残り塗料に付着します

    長く放っておくと塗料にくっついてしまうため

    掃除しただけでは取り切れないようになります

    しかし クリスタコートのような コーティング塗装をしておけば

    汚れが目立ちにくいだけでなく

    汚れ自体がクリスタコートには密着しないため

    サッと掃除をしただけで

    かなりキレイな状態に戻ります

     

     

     

     

    img_2375

     

    ↑ 水で洗い流しました

     

    このクリスタコートは何もしなくても汚れない

    ではなくて 

    何もしなければ当然ホコリが溜まったり

    水アカがついたりしますが

    簡単な掃除をすることにより

    よりキレイな状態を保つことが出来ます

     

  • 2016.10.29

    商品のご案内

    塗料を塗っても素材に近いままの質感を残せる

    と聞き、

    え すごい!

    と思いました。

    今までの塗料は クリアをかけると素材の良さを

    そのまま生かせないのが残念でした。

     

    通常は、汚れ防止・木の保護のために

    ウレタンクリアをかけます。

    しかし、ウレタンクリアでは

    塗ったところが、濡れ色になるため、

    質感が変わってしまいます。

     

    今回 ご紹介するのは 素材の質感を生かせる

    150% 艶消しクリアです。

     

    パイン集成材に塗って 比較してみました。

     

    img_2239

     

    まず、ウレタンクリアを塗り始めました。

     

    img_2240

     

    img_2242

     

    次に、150%艶消しクリアを塗ります。

     

    img_2244

     

    img_2246

     

    img_2249

     

    左↑ 150%艶消しクリア 右↑ ウレタンクリア  

     

    塗り終わって、次の日の朝 

     

    img_2252

     

    マスキングテープを 外してみると・・

     

    img_2253 

     

    より、違いが分かります。

     

    img_2255

     

    ↑ こちらが ウレタンクリア。

     

    img_2254

     

    ↑ 150%艶消しクリア。

     

    150%艶消しクリア の方は、素材の質感をそのまま生かせています。

     

    水で濡らしてみると。。

     

    ウレタンクリア ↓ 

    img_2260

     

    通常は こんな感じです。

     

     

    150%艶消しクリアは   ↓

     

    img_2261

     

    150%艶消しクリアをかけた部分、

    素材のままで水をはじいています。

     

    img_2262

     

    比べると わかりやすいです。

     

    今回はパインの集成材で試したのですが

    これがケヤキなど、色の変わりやすい木に塗ると

    効果がもっと顕著に表れます。

     

    和室の木枠など・・

    素材の質感を生かして仕上げたい方に・・ おすすめです。

     

     

  • 2016.10.20

    WB多彩仕上工法

    img_2139

     

    img_2147

     

     

    スズカファインの『WB多彩仕上工法』講習会に参加してきました。

    外壁の塗り替えというと、どんなイメージがありますか?

     

     

    外壁の塗り替えというと、単色での塗り替えが通常でした。

    img_2149

     

    が、この スズカファインの ウォールバリア を使用すれば

    多色仕上げが可能になりました。

     

    目地を目地として残すことが出来ます。

    更に、高い耐久性を実現しています。

     

     

    img_2145

     

    img_2143

     

    ↓ カタログより。

    img_2150

     

     

    img_2220

     

    2色仕上・3色仕上があります。

    外壁の塗り替えに、新たな可能性が広がりました。

     

     

     

     

  • Tel:089-904-7427 am 9:00~pm 5:00Tel:089-904-7427 am 9:00~pm 5:00
  • MAIL FORM お問い合わせフォーム